野球ピッチャー上達革命 三井浩二 練習 コツ

元・西武ライオンズ1軍投手で、現在は野球教室で数々の小学生・中学生を勝てる一流ピッチャーへと導いてきた三井浩二さんの野球ピッチャー上達革命DVDの補欠ピッチャーからプロ野球選手になれた超効率的練習法やコツ、口コミなどをお伝えしています。

 

野球ピッチャー上達革命 三井浩二 ストレートのボールの握り方

JUGEMテーマ:少年野球


 速球に伸びがなくなるボールの握り方をしていませんか?
元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二監修の野球ピッチャー上達革命DVDは、思い通りの
場所に伸びのあるストレートを投げるための正しいボールの握り方など、必ず押さえておく
べきポイントやコツが分かります。



>>野球ピッチャー上達革命の詳細を見てみる



ストレートに伸びがなく打たれやすいということはありませんか?
そもそも速球の伸びというのは、バックスピンの回転数の多さで生まれるんですね。


その為、回転数が多くなるほど、ボールがグンと浮き上がるような感じになり、打者は
それだけ手こずるようになるのです。
逆にスピードがあっても伸びがなければ、打たれやすくなるのです。


そして、ボールに回転が多くかけられない原因として考えれるのは、ボールの握り方に
あります。
日本のピッチャーの殆どがストレートを投げる時には、ボールの4つの縫い目に掛ける
握り方である4シームで、これが基本です。


ですが、手のひらにつくほど深く握ってしまうと、人差し指と中指の力を上手く使えなく
なり、ボールに上向きの回転がかけられず、いわゆる勢いのない棒球になってしまうんですね。


その為、ストレートに伸びがなく打たれやすいピッチャーは、手のひらとボールの間を少し
空けて握ることが大切です。


また、投げる時に指先に力を入れているピッチャーも良く見かけますが、ボールを握る時に
指先に力が入りすぎていると、同じように良いボールの回転が掛けられず、ボールに伸びが
なくなり、かえってバッターに打たれやすくなりますし、コントロールも定まりません。


この三井浩二監修の野球ピッチャー上達革命DVDでは、リリースする時にボールの縫い目に
しっかり指が掛かるやり方など、必ず押さえておくべきボールの握り方の5つのチエック
ポイントが紹介してあります。



これは、高校生のピッチャーでも出来ていないことも多いので、いくらキツイ練習をしても、
しっかり基本を押さえていないと、その後の上達に伸び悩むようになるでしょう。

野球ピッチャー上達革命の詳細を見てみる




野球ピッチャー上達革命 三井浩二 軟式は低めの配球を心掛けよう

JUGEMテーマ:少年野球


 軟式野球のピッチャーは低めに配球すれば打たれにくい!
元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二監修の野球ピッチャー上達革命DVDは、小学生や
中学生の軟式のピッチャーもコントロールを磨くことで、ヒットを打たれにくくなれます。



>>野球ピッチャー上達革命の詳細を見てみる



野球のピッチャーであれば、低めにボールを集めることの大切さは既に理解している筈です。
では、どのくらい低めへの意識をを持ってピッチングが出来ていますか?


良くボールが上ずってしまうということがありますが、いきなり試合で低めを投げようとしても、
なかなかコントロールが定まらないので、普段らどれだけ意識を持って練習しているかが大事に
なりますね。


特に小学生や中学生、サークルなどでの軟式野球のボールは柔らかいので、飛距離も出にくい
ということがあります。
したがって、ピッチャーはこのことを頭に入れてピッチングすることが大切です。


つまり、低めに丁寧にコントロール重視の配球を心掛けていれば、バッターはボールを引っ掛けて
くれるので、何本の続けてヒットを打たれたりすることはなくなるのです。


逆に、ヒットの出やすいゾーンというのは、ベルトを真ん中に挟んでボール4つ分と言われて
いるので、これよりも低めのコントロール重視の配球を心掛ければバッターの引っ掛けを狙い
やすくなるのです。


どちらにしても、軟式ボールを力を入れて時速130kmの速球を投げても、ベルト付近に投げて
しまうと打たれてしまうんですね。
せっかくの速球もコントロールが悪いと効果が半減してしまいます。


それよりも、球速を10km落としても、低めに丁寧に投げるピッチングをしたほうが、軟式野球
では打たれる確率が少なくなります。
その上で、低めに速いボールを投げられる技術や能力を身につけるようにするのです。



このようにすることが最も効率よくピッチングが上達するコツでしょう。
なお、練習方法としては、はじめは速いボールでなくてもいいので、ワンバウンドが多くなっても
構わないので、低めに投げる練習をしましょう。
そうすることで、リリースポイントもおのずと修正でき、低めの意識も高まってきます。


この三井浩二監修の野球ピッチャー上達革命DVDは、速球を活かしながら制球力を上げることも
できる解決策も分かるので、しっかり取り組めば、チームの信頼を短期間で獲得できるでしょう。

野球ピッチャー上達革命の詳細を見てみる




野球ピッチャー上達革命 三井浩二 正しいフォームのメリット

JUGEMテーマ:少年野球


 絶対エースになる条件とは?
元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二監修の野球ピッチャー上達革命DVDでは、コントロールが
良い怪我をしにくい投球フォームを身につき、チームから頼られるエースピッチャーになることが
出来ます。



>>野球ピッチャー上達革命の詳細を見てみる



エースピッチャーになる第一条件は何だと思いますか?
それは、体に負担の少ない無理のないフォームを身につけ、怪我をしないコントロールのいいピッチャー
になることです。


そもそも強い力で腕を振りボールを投げれば、誰しも肩や肘に負担が掛かるものなので、投球後の
ケアを怠ったり、無理なフォームで投げていれば、怪我をしてしまうリスクが高まるでしょう。


ですが、正しいフォームをマスターすれば、どんな状況でもフォームを乱すことがなくなり、自分の
狙ったところにボールコントロールができ、その上怪我をすることも少なくなり、安定感のある投球が
出来るようになれるのです。


また、自分にあった正しいフォームで投げることで、動作に関連する筋肉も発達してくるという相乗
効果もあり、練習するほどフォームも固まってきて、強いボールが投げられるようになるのです。
更に、この状態で腕を振れるようになれば、前への体重移動と腰の回転での力を効率よくボールに伝え
られるようになり、球速もアップしてくるでしょう。



このように正しいピッチングフォームを身につけることは多くのメリットがあるんですね。
いずれにしても、ピンチになった時に頼りになるのは、持っているボールの強さ(球速)とそれを
生かす変化球につきます。


これによって、バッターはボールに差し込まれたり、打つかどうか迷ったりするのです。


ボールにキレやスピードあれば、空振りや見逃し三振などもとることもでき、相手から得点を
許さない、チームの絶対的エースになることが出来るのです。
ただし、コントロール(制球力)が悪ければどうにもなりませんよね。


どちらにしても、自分に合った腕の振り方やフォームを究めていくこともエースの成長過程では
必要になるでしょう。


なお、この三井浩二監修の野球ピッチャー上達革命DVDでは、ご本人が正しいフォームについて、
悪い例を織り交ぜながら分かりやすく実演しているので、とても分かりやすいです。
また、肩を傷めないピッチングフォームを身につけるための下半身のトレーニング方法も分かる
ので、エースピッチャーを目指す方は非常に参考になり、得することはあっても、損することは
まずないでしょう。

安心の180日間の満足保証付き!

野球ピッチャー上達革命の詳細を見てみる




野球ピッチャー上達革命 三井浩二 理想のピッチングフォームとは

JUGEMテーマ:少年野球


 理想のピッチングフォームを理解しよう!
元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二監修の野球ピッチャー上達革命DVDでは、正しい
投球フォームを身に付けることが出来、変化球、速球のコントロールはもちろん、ボールの
キレやスピードも良くすることが出来ます。



>>野球ピッチャー上達革命の詳細を見てみる



理想のピッチングフォームで投げていますか?
これは、体型などを考慮して自分にとって一番良いフォームのことであり、基本は左右の
バランスがとれているフォームです。


例えば、右ピッチャーだからといって右腕だけを使って投げていては、スピードボールは投げられ
ないし、コントロールもつきません。


そんな理想のピッチングフォームの基本的な投げ方は、まず、キャッチャーミットを見定めながら
振りかぶります。
次に、足全体に力を入れすぎないように気をつけて、ステップする為の足を上げます。


この時に、足を上げてもすぐにはステップしないで、腰をタメて、前方に体重移動させます。
そして、ホームプレート方向に真っ直ぐにステップします。


左肩の開きを我慢して、手の甲は真上を向いているようにします。
テークバックの頂点であるトップに入ったら、肩を中心に腕をスイングし、中指と人差し指でボールに
逆回転を掛けて、リリースします。


ボールをリリースしたら、そのまま左膝に体重を乗せ、右肩を締めに叩きつけるような感じで、
腕を振り切るよにします。


以上が基本の理想のピッチングフォームの一連の流れです。
また、左ピッチャーのフォームも基本は右ピッチャーと同じです。


いずれにしても、スピードはもちろん、コントロールを磨くためには、自分に合った正しい投球
フォームを身に付けることですね。


そして、まずはピッチングの一連の動きを掴み、自分なりに感じた悪い所や弱点をどう改善していくか?
自分のフォームに手を加える前に、無駄のない、理想的と思われるフォームを十分に理解することが
大切です。



このプロ経験者の三井浩二さん監修の野球ピッチャー上達革命DVDでは、流れるようなフォームを
細分化して、個々のポイントでの力の入れ方・抜き方、そして目線や頭の位置などをとてもわかり
やすくDVDの映像で解説してあります。


それによって、自分のフォームの悪い点などもを改善でき、短期間でこれまでとは見違えるような
ピッチングが出来るようになり、チームメイトから信頼されるピッチャーになれるでしょう。

野球ピッチャー上達革命の詳細を見てみる




野球ピッチャー上達革命 三井浩二 打者のタイプ別配球

JUGEMテーマ:少年野球

打者のタイプ別配球で要所を抑えよう!
元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二監修の野球ピッチャー上達革命DVDでは、制球力が
良くなることで、バッターのタイプ別配球が出来るようになることで、大事な場面でバッターを
抑えることが出来るようになります。



>>野球ピッチャー上達革命の詳細を見てみる



大事な場面でバッターを抑えることができていますか?
先発完投型の投手なら、ここぞというピンチの場面で打者を抑えることが大切になりますね。


その為には、バッターのタイプ別に配球することが必要です。
例えば、バットを長めに持つて、グリップも高い位置にして構えるタイプの打者なら、長打を
狙っていて、更に高めを振り遅れないで打つバッターであることが推測出来ます。


したがって、インコースの高めのストライクを投げたら、長打を打たれる可能性が高くなるので、
そのあたりにストレートや、変化球を投げるのは危険でしょう。


こういうタイプのバッターを三振に仕留めるなら、低めにストレート、もいくは変化球を低めに
集めることですね。
また、バットを長めに持ち、グリップの位置が低いバッターなら、逆に低目のボールを投げては
ダメです。


何故ならこのようなタイプのバッタ―は手首が強く、特に低めの変化球などのストライクを強引に
ホームランにさせるパワーがあるからです。


そこで、このようなバッターのタイプの配球としては、低めの変化球のストライクは危険なので、
インコースにストレートや、速めの変化球で攻めるのが効果的でしょう。


いずれにしても、先発投手で完投するには要所でバッターを抑えなければいけません。
ですが、コントロールが悪ければ、バッターのタイプ別配球が組立てられず、球数も増えてスタミナ
にも大きな影響を及ぼしますよね。


そんな大事な場面で安定してストライクがとれ、ゲッツーなど、打者を打ち取ることが出来る投球術を
マスター出来れば、鬼に金棒でしょう。

それが出来るのが、この三井浩二監修の野球ピッチャー上達革命DVDです。


チームから信頼されるエースピツチャーになりたいなら、身につけておくべきスキルでしょう。

野球ピッチャー上達革命の詳細を見てみる





ブログランキング

ブログランキング
ブログ王ランキングに参加中!
  • SEOブログパーツ

野球ピッチャー上達革命DVD


DVD2枚組
DISC1:68分
DISC2:57分

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリ一覧

リンク